ルールを知れば怖くない!英語メールの書き方

英語メールの宛名の書き方

仕事で英文メールを書くとき、どのように書き出したらいいのか迷うことがあるでしょう。日本と海外では文化が異なるので、メールの体裁にも違いがありますが、覚えてしまえば簡単です。メールの冒頭には、宛名を書きます。男性向けならMr.に名字を付けて書きます。女性相手で、既婚者にはMrs.、独身ならMissで始まるのですが、既婚か独身か不明な場合があります。主に女性に対してはMs.を使うのが無難です。お医者さんや博士号を持っている人には、Mr.ではなく、Dr.を付けます。親しい間柄の相手の場合は、ファーストネームを書いても構いません。

英語メール本文の書き方

メールを書くときには、忙しい人に読んでもらうということを頭において文章を練ります。メールの書き出しでは、趣旨を簡潔に説明します。相手にやってほしいこと、お願いしたいことを最初に書きます。日本語では相手を尊重し傷つけないように、婉曲表現を使って伝えたいことを述べる文化があります。英語の場合ははっきりと、言いたいことを述べる英文を書いた方が好まれます。曖昧表現や婉曲表現は省いたほうが望ましいです。ビジネス文書では結論を先に書くことが鉄則で、同じルールがメールにも当てはまります。これは英語でも日本語でも変わらないことです。英語の文章を書くことに初めは苦労するかもしれませんが、メールの内容はいつもの日本語メールを書く場合と大差ないと思ってしまって大丈夫です。メールにファイルを添付する時には、”Attached is ~.”という定型文が便利です。

英語の転職の転職を成功させるために、会話の能力を日ごろから高めることはもちろん、海外経験が豊富な人からアドバイスを受けることが有効です。