介護に関わる資格、免許ってどんなのがあるの?

介護の現場はいつでも人足らず

超高齢化社会となり、高齢者の介護の問題が取りざたされるようになり随分経ちます。常に人手不足といった現場ですので求人を狙うにはよいと思います。介護に関わる資格とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

介護にかかる唯一の国家資格、介護福祉士

何といっても介護福祉士は国家資格です。福祉に係る国家資格は三種類ありますが、その中でも介護福祉士は「介護」に特化した専門家としての資格になります。介護に必要な視点や考え方、もちろん技術を習得しているという証になります。名称独占資格ですので、取得したからといっても特定の業務を一気に担えるということはありませんが、あるのとないのとでは就職の際に差が付きますので是非受験して取得しておきたい資格です。

ヘルパー2級に準じる介護初任者研修

かつては「ホームヘルパー2級」と言われていた資格でした。しかしホームヘルパーが廃止になり、この介護初任者研修に一本化されました。こちらは試験などはありません。講習コースにもよりますが、たとえば毎週末に一日ある講義を半年受け続けることで終了証をもらえ、ヘルパー2級を持っているのと同等の扱いとなります。特に試験はないためお手軽に取得できます。

資格といっても結局は

二つ介護に係る資格をご紹介しましたが、どちらも「この資格を持っているから介護を一手に引き受けれる」という資格ではありません。そもそも介護という仕事が資格で内容を語れるものではないのです。資格は入口にすぎません。実務の経験を積み重ねてそれによって知識も技術も磨かれていきます。しかし資格はその実務にたどり着くための採用面接で大きな威力を発揮しますので是非取得しておいた方がよいでしょう。

介護の求人に応募をするにあたり、それぞれの介護施設におけるスタッフの働き方やスキルアップの制度などを調べてみましょう。