自分に合ったアルバイト求人を探そう!選び方のポイントは3つ

すぐにお金が欲しい人

アルバイト求人を探している人は、すぐにお金が欲しいという人が多いでしょう。正社員の場合には一次、二次、最終の三段階の面接があることが多く、内定をもらっても働き始めることができるのは1ヶ月以上先ということもあります。アルバイトの場合には、面接を受けたその日に採用の連絡がもらえることも少なくありません。すぐにお金が欲しい人は、「急募」の求人などを選ぶのが良いでしょう。

実際に1日働いてみることも可能?

工場の求人など、肉体労働の場合には人によって向き・不向きがあります。1日だけ働いてみて、「立ち作業を続けられる自信がない」、「腰が弱いので重いものをもつ作業は難しい」といった理由で辞めていく人もいます。

ケースバイケースですが、アルバイトの仕事の場合には、1日だけ働いてみるということも比較的認められやすい傾向があります。2週間くらい働いて、ようやく仕事を覚えたというタイミングで辞めてしまうと迷惑がかかるので、むしろ最初の1日~2日くらいで続けられるかを判断してほしいと言われるケースもあります。

契約期間を満了まで働くことが重要

入社祝金などの特典がついている求人では、特典をもらったらすぐに辞めてしまうという人もいるようですが、これは良くありません。例えば、3ヶ月の契約を結んだなら、3ヶ月間はしっかりと働きましょう。契約の途中で退職をしても損害賠償を請求されることは基本的にありませんが、社会人としてのマナーのようなものなので、家族の病気などのやむを得ない事情がある場合を除いて、基本的には契約を結んだら満了まで働きましょう。

プラントの求人を見つける際には、理系分野の転職サイトなどを参考にすることで、各自のスキルに応じた仕事を選ぶことができます。