就職活動中の面接では見た目が肝心?!気をつけるポイント3選!男性編

スーツにシワは無い?

就職活動中の面接の服装としては、一般的にスーツを着て行きます。しかし、どれだけいいスーツを着ていようとも、シワが付いていたら、評価が悪くなってしまいます。シワが付いていないか前日までに確認しておき、シワがついているようならアイロンをかけましょう。また、何社もの面接を連日受ける場合は、一日来たスーツは形が崩れていたり、シワがついてしまっているので、アイロンをかけてから肩の部分に丸みのあるハンガーに掛けておくと良いです。

清潔感のある髪型で!

アパレル系や一部のクリエイティブな業界などを除き、髪型は清潔感のあるスタイルを心がけましょう。黒髪で襟足はシャツに付かない程度に、横髪は耳にかからない長さにすることをおすすめします。また、額はできるだけ出すような髪型にすると、清潔感や明るさが伝わるため、面接でも良い印象を与えられるでしょう。寝癖などがついている場合は、しっかりと直し、整髪料などは適量使用しても良いものの、匂いのきついものは避けた方が良いです。

ネクタイの色やデザインは?

ネクタイの色については、単色のものを選ぶと良いです。色が与える印象としては、赤は積極性を感じさせ、青は知性を感じさせます。黄は社交性を感じさせる色なので、自分のアピールポイントに見合う色を選ぶと良いでしょう。デザインはキャラクターやブランドのロゴなど描かれているものは避けた方が良いです。無地のものが一番オススメですが、ストライプ柄やドット柄のものでも派手に見えないのであれば問題ないといえます。

新卒紹介をすることで、今もっている世界をしっかりと広げていくことができます。そのため、レベルアップを期待することが可能です。