保育士になるための方法3つどれを選べばいい?

4年生の大学でしっかり学ぶ

1つ目の方法は4年生の大学で学ぶという方法です。2年生の学校でも保育士資格を取得することができますが、大学を選ぶメリットは幼稚園教諭の1種免許が取得できるという点です。近年では保育園と幼稚園の一元化を図る幼保一元化も進んでいますので、幼稚園教諭の免許を取得しておくことで仕事の選択の幅が大きく広がって行きます。また、将来は幼稚園や保育園の園長として人を指導する立場に立ちたいという場合には、やはり4年生の大学で視野を広げ、様々なことを学んでおくことが有利です。

2年生の短大・専門学校で学ぶ

4年は長すぎる、もっと早く働きたいという時には、短大や専門学校を選ぶと良いでしょう。メリットは2年制の学校のため、早く保育士の資格を取得して働くことができる可能性が高くなります。保育園によってはせっかく就職した人が結婚や育児で退職してしまうことも多いため、なるべく長く働いてもらうために年齢の若い人を優先的に就職させるというところもあるため、そのような保育園を志望している場合には2年制の学校の方が向いているでしょう。

働きながら通信で学ぶ

昼間は別の仕事をしながら、自宅で保育士の仕事を通信教育で学ぶこともできます。働きながら自分のペースで保育士について学ぶことができますし、学校に通うよりもはるかに安い費用で勉強や保育士資格の取得ができるのが大きなメリットですが、保育士の国家試験を受けるときに必須でもある実習の場を確保するのが難しいというデメリットもあります。

保育士の求人を大阪で探しているなら、満足度が高くなりますので最適です。保育園のほかに、自治体の福祉施設や企業内保育室でも募集を行っていますから選択肢が豊富です。